レアル・マドリードから、さらなる新型コロナウィルスの感染が報告された。水曜日にはヴィニシウス・ジュニオール、エドゥアルド・カマヴィンガ、フェデリコ・バルベルデ、ティボー・クルトワら、4選手の感染が伝えられたばかりだが、さらにルカ・ヨヴィッチからもコロナ陽性反応が確認されたという。

 かつてアイントラハト・フランクフルトにて活躍していたセルビア代表FWは、2020年11月にもコロナ陽性反応が確認されており、今回はそれに次ぐ2度目の感染報告。アラバの練習復帰など、少し明るい話題も伝えられたばかりだが、スペインではレアルなど多くのクラブが、現在コロナウィルスによって苦しめられているところ。