ボルシア・ドルトムントに所属するエルリング・ハーランドは、2023年まで残す契約に来夏行使可能な例外条項を含んでおり、欧州中のトップクラブからの注目を浴びているところ。そのなかには深刻な競技面、財政面での問題を抱えている、FCバルセロナも含まれている。

 これはジョアン・ラポルタ会長によって発言されたものであり、本日月曜日に発表したジョアン・トーレスの入団発表に際して、「どんな可能性だってある。全てのトッププレーヤーたちは、バルセロナへの移籍を考えている」と明言。そして昨年の3月から指揮をとる同氏は、「我々は市場にもどってきた」との考えを示した。