火曜日にボルシア・ドルトムントは、ドイツ杯8強入りを欠けてブンデス2部首位、FCザンクトパウリと対戦することになるが、この試合で筋肉系の問題を抱えるエムレ・ジャンは欠場。さらに週末の試合で足を負傷した、トーマス・ムニエについても出場が危ぶまれているところ。またユスファ・ムココについても、内転筋に軽度の違和感がみられるために不透明。ジョヴァンニ・レイナについては半年の長期離脱明けということもあり、体力不足の解消に向けて集中的に補う必要がある。

 ちなみにエムレ・ジャンについては代表戦期間明けからの復帰が見込まれているところだが、一方でローゼ監督にとってはマヌエル・アカンジ、そしてダン=アクセル・ザガドゥが復帰していることにより、代役模索は特に大きく頭を悩ませる問題ではないだろう。むしろジャンの負傷がちである部分が気に掛かるところであり、「この問題の解消に向けて努めていかなくては」と指揮官は要求。一方でドルトムントとしても、ここのところはハーランドの移籍騒動に揺れていることからも、雰囲気の更なる低下を防ぐためにも、ドイツ杯8強入りは是が非でも果たしたい。