プレミアリーグにおいて今冬、もっとも移籍市場で動きをみせているクラブは、ニューカッスルといって間違いないだろう。中東から迎え入れた新オーナーは2部降格を免れるために戦力補強へと勤しんでおり、先日は直近のライバルである18位のバーンリーから、クリス・ウッドを獲得した。

 さらにアタランタ・ベルガモのロビン・ゴセンスついても移籍の可能性が取り沙汰されているところだが、ゼネラル・ディレクターのマリーノ氏は「毎日、新聞ではうちの選手が、ニューカッスルと話をしているという記事を目にするよね」と否定。なおごセンスは11月末より、大腿の負傷から回復を目指しているところ。