サッカーを始めた当初からプレミアリーグでのプレーを夢見ていたという、コンスタンティノス・マヴロパノス。しかしながらFCアーセナルでの最初の挑戦は思うようにことは運ばず、負傷の影響もあってわずか7試合のみの出場。2019年にはブンデス2部ニュルンベルクへとレンタル移籍し、現在はブンデスリーガのVfBシュトゥットガルトで主力を務めるに至った。

 ただそんな中で、ウェストハム・ユナイテッドが守備陣の補強に向けて、マヴロパノスへと白羽の矢を立てたようで、どうやらギリシャ人DFの獲得に向け2100万ポンド(およそ2500万ユーロ)を用意しているという。

 ただそれに応じるにはまずシュトゥットガルトは、300万ユーロの買取オプションを行使する必要があり、確かにミスリンタトSDは残留へ強い意思を示してはいたが、それでも金額次第では考えすことにもなるだろう。 特にマヴロパノス本人が、プレミアリーグへの復帰希望を明確に述べているのだ。