バイエルン・ミュンヘンに所属するロベルト・レヴァンドフスキについては、契約を来シーズンいっぱいまで残す状況ということもあり、とりわけこの夏の移籍市場において注目を集める存在となっているところ。

 特に最近ではスペインの名門FCバルセロナとの繋がりが、ポーランド代表主将について指摘されてきたが、しかしながらこの噂についてFCバルセロナのマテウ・アレマニSDが「Movistar+」に対して、すでに代理人と接触したという報道を否定した。

 「レヴァンドフスキの代理人との会合など存在していない、そのことを私は明確に約束することができるよ。まず我々は契約下にある選手については、所属するクラブへと連絡をとるものだ」