特にワールドカップ・プレーオフの準決勝にて、スウェーデン代表に0−1と敗戦を喫し厳しい批判にさらされていたものの、ヤロスラフ・シルハヴィー監督が少なくとも2024年にドイツで開催されるユーロまでは、チェコ代表にて指揮をとることが明らかとなった。

 すでに就任から3年半が経過する60歳の指揮官とは、同国サッカー連盟が2024年のユーロ予選終了まで契約を延長したことを発表。出場権を確保した場合に自動的にその最終戦まで更新される仕組みとなる。