アーセナルFCをヨーロッパの大舞台へと復帰させるべく、現在奮闘中のミケル・アルテタ監督が、2025年までの契約延長にサインしたことが発表された。プレミアで特に若いチームの1つであるガナーズは、これまでリーグ戦34試合を終えて街のライバルであるトッテナムやマンチェスター・ユナイテッドを抑え4位に。

 双方ともにこの関係に喜びを覚え、そして金曜日には晴れて、2025年までの更新が発表。「クラブを更なる高みへと導き、ビッグクラブとも合間見えていきたい」と、2019年12月に就任して意向2つのタイトル(FA杯とコミュニティ・シールド)を獲得したスペイン人指揮官は語っている。