マンチェスター・ユナイテッドは、ブライトン&ホーヴ・アルビオンに0−4敗れ、チャンピオンズリーグ出場権を手にする、最後の希望をも絶たれてしまった。ラルフ・ラングニック監督はファンに謝罪。BBCでは「ひどいパフォーマンスだった」とのコメントが掲載されており、「最初から最後まで、すべてが不十分で、この敗北を詫びるしかない」と言葉を続けている。「相手のライン取りを止めることができなかった。できるだけコンパクトにまとめたかったが、相手にスペースを与えすぎてしまい、相手の流れを止めることができなかった」

 さらにこれに追い討ちをかけるのが、赤い悪魔が1990/91年以来最も低い勝ち点数で2021/22年シーズンを終えることになったということである。ブルーノ・フェルナンデスは、サポーターの苛立ちに同情し、「僕らが見せたものは、マンチェスター・ユナイテッドのジャージを着るには不十分なものだったし、僕はそれを受け入れる」とコメント。「僕たちはこのことに正面から向き合わなくてはいけないし、誰の目からも不十分なもので、このことを恥じるしかない」と言葉を続け、テン・ハフ新監督と共に来季での巻き返しを誓った。