エルリング・ハーランドのマンチェスター・シティへの移籍が、今週中にも正式に確定する可能性が出てきた。既にアスレティック紙やマルカ紙など、複数のメディアが報じ、また日曜日にボルシア・ドルトムントの有資格部門担当、セバスチャン・ケール氏も「来週には」明確となる見通しを明かしていた。

 そしてドルトムントは月曜、ドイツ通信社に対して、ノルウェー代表FWはこの日の練習には参加せず、「個人的な問題をクリアにするために時間を与えた」ことを認めており、どうやらマンチェスター・シティへの移籍発表の時が、刻一刻と迫っているようだ。

 その一方でボルシア・ドルトムントのセカンドチームでは、今季いっぱいで退団することになる5人の選手を発表。ハイデンハイム移籍のレナード・マロニーやパダーボルン移籍のリッチモンド・タチー、ザンクトパウリからのレンタルが終了したクリスチャン・フィートをはじめ、まだ行き先が未定のカマル・バフォンタ、ヘイメン・バー・トラオレもチームを後にする。