オランダの『De Telegraaf』によれば、2022年1月からベルギー1部クラブ・ブルッヘの監督へと就任している、アルフレッド・シュロイダー監督が、オランダ1部アヤックス・アムステルダムの監督へと就任することになったようだ。

 アヤックス・アムステルダムではこの夏、エリック・テン・ハフ監督がプレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドに移籍することが発表されており、シュロイダー氏は2018年、2019年とそのテン・ハフ監督のアシスタントを務めていた経験ももつ。

 なおシュロイダー氏はそのアヤックス時代の前(2015〜2018年)にホッフェンハイムでアシスタント、その後(2019年)よりホッフェンハイムの監督へと就任しており、2021年夏からバルセロナでクーマン監督のアシスタントを務めていた。