決して予め用意されたシナリオという訳ではなく、シーズン全体の分析などの結果によりセバスチャン・ヘーネス監督の解任へと踏み切ったTSGホッフェンハイムだが、おそらく後任監督人事は我を求められることになるだろう。

 現在の監督市場は非常に流動的である上に、連絡をとったとされるアンドレ・ブライテンライター監督はFCチューリヒでリーグ優勝を果たしたばかりという事からも時間がかかる見通し。

 なおチューリヒとブライテンライター監督との契約はあと1年残されてはいるのだが、両者が移籍で合意にいたれば獲得には移籍金として100万ユーロを明らかに下回る程度が見込まれるはずだ。

 今季は昨年8位のチューリヒを一躍優勝に導いた同氏は、パダーボルンを率いてブンデス昇格を果たし、シャルケやハノーファーで監督を務めた経験ももつ。