既にVfLヴォルフスブルクを退団しているマルク・ファン・ボメル氏が、これからロイヤル・アントワープの監督を務めることが明らかとなった。 昨季ベルギー1部にて4位でフィニッシュした同クラブが、木曜日に正式に招聘を発表したものであり、契約期間は2年。

 ファン・ボメル監督は1年前ではオリヴァー・グラスナー監督の後任として、ブンデスリーガのヴォルフスブルクにて就任していたが、連敗など不振が続いたために10月に解任。フロリアン・コーフェルト監督がその後を次ぎ、そして来季からはニコ・コヴァチが就任している。