今週土曜日よりドイツ代表では、ネイションズリーグの幕が開けることになるのだが、しかしながらそこにマルコ・ロイスの姿が見受けられるかどうかは、まだわからない。スペインのマルベジャにてミニ合宿を行った後に、現在はドイツのヘルツォーゲンアウラッハにて準備中だが、同選手はまだ帯同を見送ったままとなっている。

 この日に33歳の誕生日を迎えたボルシア・ドルトムントの主将には、「風邪の兆候」が見受けられることが、ドイツ代表側より正式に発表されており、いまのところはまだ練習を行うことができないという。そのため回復を果たしたのちに、改めてドイツ代表に合流することになるのだが、ただ金鐘土曜日にイタリアのボローニャにて行われるネイションズリーグ初戦、イタリア戦に間に合うかはわからない。