イヴァン・ペリシッチが、プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーへと移籍することが明らかとなった。すでに月曜日にはメディカルチェックを終えており、2年契約を締結。これから33歳のクロアチア人選手は恩師、アントニオ・コンテ監督との再共闘を果たすことになる。なお移籍金の支払い義務は発生せず、フリートランスファーての加入。

 ドルトムント、ヴォルフスブルクを経て2015年にインテルへと加入して以降、1年間のバイエルンへのレンタルを除き、インテルでセリエA通算208試合に出場(49得点)。その復帰したシーズンでコンテ監督指揮の下、ペリシッチはセリエA優勝を果たしていた。今季は35試合に出場して8得点をマークしており、インテルは契約を延長を希望していたものの、コンテ監督たっての願いでトッテナム移籍が実現している。