マウリツィオ・サッリ監督が、ラツィオ・ローマとの契約をさらに延長したことが発表された。1年前にローマに渡ってきた63歳のベテラン監督との契約は、これまで来季いっぱいまでとなる2023年までに設定されていたものの、今回はそれが2025年にまで更新。

 これまで、SSCナポリ、ユベントス・トリノ、チェルシーFCなどで監督を務めてきた経験をもつサッリ氏の下、ラツィオは18勝10分10敗の成績を残して、5位でフィニッシュ。同じローマん本拠地を構える6位ASローマと共に、来季も引き続きヨーロッパリーグでの戦いが控えているところ。