プレミアリーグのリヴァプールFCは、バイエルン・ミュンヘンからサディオ・マネ獲得に向けて提示された、最初のオファーに対してすでに断りを入れていたようだ。これは英国のメディアで伝えられているものであり、バイエルンは30歳のストライカーの獲得に向けて、成果に応じたボーナス込みで移籍金2500万ポンドで駆け引きを開始した模様。

 すでに英国メディアによれば、サディオ・マネはすでにリヴァプールからの退団を決意したとも報じられており、先日セネガル代表との記者会見の席にて、「6・7割のセネガル人が退団を望んでいるの?じゃあ、そうしようか」と、話題をヒートアップさせる発言も行なっていた同選手。仮に移籍が決定した場合には、バイエルンとは2025年までの契約を締結する見込みだ。