ブンデス2部昇格を果たした1.FCマグデブルクは、新シーズンにむけて更なる強化を果たした。直近ではベルギー1部KASオイペンにてプレーしていた、シラス・グナカを獲得。

 コートジボワールU23代表として5試合に出場した経験ももつ23歳のディフェンダーは、センターバックや左サイドバックでもプレーが可能であり、守備陣に厚みをもたせることが期待されているところだ。

 その一方でマグデブルクでは右サイドバックを主戦場とするトビアス・クノストが、昨季ブンデス3部16位のSCフェールへと移籍。同選手は今季、リーグ戦14試合にプレーしていた。