アイントラハト・フランクフルトが、ワウト・ウェクホルストの獲得へと関心を抱いている。これは当初、ドイツの大衆紙ビルトが報じたものであり、その情報はキッカーでも確認をとった。

 現在アイントラハト・フランクフルトにて指揮をとるオリヴァー・グラスナー監督の下、VfLヴォルフスブルクにて活躍をみせた29歳のCFは、今年の1月より念願だったイングランド移籍を叶えたものの、20試合でわずか2得点。降格を阻止することは叶わず、すでに退団の意思を発表。

 なお現在センターフォワードの補強を進めているアイントラハト・フランクフルトではウェクホルストの他、バイヤー・レヴァークーゼンのルーカス・アラリオや、VfLボーフムのセバスチャン・ポルターへの触手も伝えられているところ。