ポルトガルサッカー連盟は日曜、キャプテンを務めるクリスチアーノ・ロナウドをはじめ、ボルシア・ドルトムントのラファエル・ゲレイロや、ウォルバーハンプトン・ワンダラーズのジョアン・モウティーニョの3選手が負荷調整のため、ネイションズリーグ第3戦スイス代表とのアウェイ戦に帯同しないことを明らかにした。

 特に負傷などのような問題を抱えているわけではないとのことで、フェルナンド・サントス監督によると「いたって通常のマネジメントの範囲内」の話だという。「そもそも23名しかベンチ入りできないのに、26名を帯同させる意味はない」

 なおポルトガルは今回のネイションズリーグ初戦にてスペイン代表と1−1の痛み分け、その後のスイス代表との初戦では4−0と快勝をおさめており、続くチェコ戦でも2−0と連勝中。現在はグループAの首位に立っているところだ。