今週中にもバイエルン・ミュンヘンへの移籍発表が見込まれている、サディオ・マネ。外的にみればブンデスリーガにとってより魅力が増す獲得であり、また内的にみればセルゲ・ニャブリ、リロイ・サネといった選手たちへ強烈な重圧となる、メッセージ性の強い獲得となることだろう。特に昨季は両ドイツ代表ともに説得力に欠けており、

 一方でマネはリヴァプールのスター軍団の中でスタメンとして活躍してきた選手。若手ジャマル・ムシアラの後塵を拝する時さえあった前者2選手は危機感を煽られることになるものの、バイエルン側からみれば今回の獲得は、契約延長交渉が難航しているニャブリ移籍の事態に備えた形でもある。