エメル・トプラクが、これからはトルコ1部アンタルヤスポルにてプレーすることが明らかとなった。木曜日には元トルコ代表CBは2年契約で加入することが発表。ブレーメンからは成果に応じた契約延長のオファーを受けるも断りを入れており、今回はフリートランスファーでの移籍となる。

 なおそのアンタルヤスポルでは昨年の10月より、2017/18シーズンにはボルシア・ドルトムントで、2019/20シーズンにはヴェルダー・ブレーメンで共闘し、さらにトルコ代表でもともに15試合でプレーした、ヌリ・シャヒン監督が指揮をとっているところ。


 その一方でトレ・ヤコブセンがブレーメンを後にし、SVエルフェアスベルクに移籍することとなった。ブレーメンIIマグデブルクでブンデス3部145試合に出場している25歳のMFは2年契約を締結している。