ダニエル・コフィ・キェレーとの争奪戦では、移籍金450万ユーロで制しFCザンクトパウリから迎え入れることに成功した、SCフライブルク。さらに今回はPSVアイントホーフェンから、堂安律の争奪戦も制することになりそうだ。

 2020/21シーズンではレンタル移籍にて、アルミニア・ビーレフェルトでブンデスリーガを1年間に渡り経験している24歳の日本代表は、アイントホーフェンとの契約を2024年まで残しており、獲得に際してフライブルク側は移籍金およそ800万ユーロまで捻出するとみられる。