複数のメディアによれば、マンチェスター・ユナイテッド所属のクリスチアーノ・ロナウドが、「家族的な事情」により練習参加を見合わせたことを伝えた。週末には多くのメディアが、同選手が移籍を希望していると報じており、昨季38試合に出場して24得点をマークするも、チームは6位とCL出場を逃したことが理由の1つとされる。

 なおテン・ハフ新体制は先週の月曜日より最初のトレーニングを開始していたのだが、ロナウドら代表に参加していた選手たちについてはその1週間後となる本日からの参加予定となっていた。そこにはハリー・マグワイア、ブルーノ・フェルナンデス、そしてロナウドも含まれている。ちなみに金曜にはタイツアーに向かうマンチェスター・シティだが、このままではロナウドの参加も不透明と言わざるを得ないだろう。
 
 その一方でアスレティックによれば、クリスチャン・エリクセンの獲得には成功したようだ。デンマーク代表MFはブレントフォードとの契約をこの夏をもって満了しており、フリートランスファーでの獲得となる。昨夏に行われたユーロで心停止に陥り緊急手術、長期のリハビリをへて今冬にプレミアで復帰を果たしたエリクセンの回復ぶりは、その半年間で周囲の目を見張るものがあった。