もしもロベルト・レヴァンドフスキがこのまま、自らが希望するFCバルセロナへの移籍が実現しなかった場合、週明け火曜日から再び、バイエルン・ミュンヘンへと再合流しなくてはならない立場にある。

 ただしキッカーが得た情報によれば日曜午前の時点までに、ポーランド代表主将に対してそのカタルーニャから、新しいオファーはミュンヘン側には届けられていないようだ。

 なおすでにバイエルンでは夏季準備期間はスタート、代表選手らも徐々に再合流しているところであり、レヴァンドフスキをはじめとする火曜再合流組はまず火曜に健康診断、その翌日からはチームトレーニングに参加する。