ニューカッスル・ユナイテッドへの移籍が確実視されていたウーゴ・エキティケだが、しかしながら一転してパリ・サンジェルマンとの契約締結間近のところにまで迫っているという。

 これは金曜日に仏紙レ・キップが報じたもので、20歳の大型ストライカーはメディカルチェックを受けるため、所属するスダッド・ランスの練習参加が免除されたとのこと。伝えられるところによればすでに両クラブでは、移籍金3600万ユーロで合意に達しているようだ。

 その一方でニューカッスルではセンターバックについて、キアラン・クラークを英国2部シェフィールド・ユナイテッドに、1年間の期限付きにてレンタル。特に32歳のベテランディフェンダーは昨シーズンの後半より、特にニューカッスルにて役割を得られない日々を過ごしていた。