ジョゼ・モウリーニョ監督は新たに、トップストライカーの獲得へと成功したようだ。イタリアの複数のメディアが報じている情報によれば、セリエAの複数のトップクラブとの争奪戦を制する形で、ASローマがパウロ・ディバラを迎え入れる模様。

 28歳のアルゼンチン人選手はユベントスとの契約を先月いっぱいで満了してフリーとなっており、今回ローマとは3年契約、年俸600万ユーロという形で合意に至ったという。

 ちなみにASローマでは先週、守備の要であるジャンルカ・マンチーニとの契約延長に成功。2019年にレンタル、翌年に移籍金2000万ユーロで加入し、それ以降は公式戦124試合に出場している26歳とは、2027年までの契約で合意に達している。