すでにマティス・テルのバイエルン・ミュンヘン移籍は時間の問題となっているようだ。自身のインスタグラムのアカウントにて、17歳のフランス人ストライカーは、これまで所属してきたスタッド・レンヌからの退団を発表。「新しいチャプターが開かれる」と記載している。たしかにその行き先としてはバイエルンの文字は含まれてはいないが、だがもはや確実視されるところだろう。

 フランスのレ・キップによるとバイエルン・ミュンヘンは、スタッド・レンヌとすでに同選手の移籍で合意。それによればテルは5年契約を締結、移籍金はおよそ3000万ユーロで、ただ固定額は1500万ユーロ以下となり残りは成果に応じたボーナスとなるようだ。カーン代表は先日「テルは我々が以前から注目していた選手だよ」と明かしていた。