ルイス・スアレスは火曜日に、母国へと復帰する決断を下した。火曜日に35歳のアタッカーはSNSでの動画を通じて、クルブ・ナシオナル・デ・フットボールと合意に至ったことを発表。ただ2003年から2006年にかけて所属した古巣とは、まだ契約締結が残されている。

 同クラブにてプレーした後、フローニンゲン、アヤックス・アムステルダム、リヴァプール、バルセロナ、そして最近ではアトレティコ・マドリードでプレーしていた同選手は、昨夏いっぱいで契約満了のためフリーの状態が続いていた。