ケヴィン・ムバブがVfLヴォルフスブルクから、プレミアリーグのフラムFCに移籍することが正式に発表された。新天地とは2025年までの契約を締結。さらに1年間のオプションつきとなっており、またkickerが得た情報によれば移籍金額はおよそ650万ユーロとなった模様。

 2019年に移籍金1000万ユーロでスイス1部ヤングボーイズ・ベルンから加入し、これまで82試合に出場して3得点をマークしていた右サイドバックだが、現在はリードル・バクーに加え今夏キリアン・フィッシャーを獲得。契約最終年度にあって厳しい状況に置かれていた。

 今回の移籍にあたり同選手は「何より重要なことはプレミアに残留すること、安定化をはかっていくことにある。トップ10入りも目指さない理由はない」と意気込みを見せた。