フレンキー・デ・ヨング(25)に関しては現在のところ合意が見られないマンチェスター・ユナイテッドでは、中盤を補強するためそれ以外の代替案を検討しており、そこで浮上しているのがアドリアン・ラビオ(27)、そしてセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチ(27)もその一人と言われている。そしてテレグラフ紙の報道によれば獲得に向け、ラツィオ・ローマに獲得を打診するようだ。

 その一方でマルコ・アルナウトヴィッチのマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性は低くなっている。FCボローニャが33歳のオーストリア人アタッカーに対する最初のオファーに拒りを入れてきたため、イギリスの複数のメディアではマンUが経済的な理由から獲得を控え、現在は別の計画を進める見通しであることを伝えた。