プロ野球・ルートインBCリーグの富山GRNサンダーバーズ(西地区2位)は5日、富山市民球場で栃木ゴールデンブレーブスに5−0で快勝した。通算成績は9勝5敗1分けで、順位は変わらない。 富山は二回に4番ジョニー、6番長尾の安打などで無死満塁の好機を作ると、和田、中村の連続犠飛で2点を先取。四回にも中村が右前に適時打を放ち突き放した。八回は相手の悪送球と和田の適時打で2点を加えた。 先発バリオスは7回無失点と好投。継投した竹林(氷見市出身)とシレットも危なげない投球で零封した。 次戦は6日午後6時から長野県の諏訪湖スタジアムで、信濃グランセローズと対戦する。 ■バリオス球威落ちず  球威で押し切る力強さが際立った。先発バリオスは7回を零封、5回までは被安打ゼロと栃木打線を抑え込んだ。吉岡雄二監督は「今日の勝利は彼に尽きる」とたたえた。 相手打線はバットを大きく振らずしっかりとボールに当ててきた。それでも、「犠打や内野ゴロの処理には慣れている」と冷静に対応。連打と四球で招いた六回1死満塁のピンチではフォークで詰まらせ、ベンチの指示通り併殺で乗り切った。 昨季まで在籍したソフトバンクではセットアッパーを務め、今季から先発に転向した。吉岡監督は「終盤まで球威が落ちていなかった。力の配分が良くなっている」と、成長を続ける右腕に目を細める。 序盤に制球が定まらないことがあり、自他共に認めるスロースターター。「暑くなるにつれて調子が上がっている」と笑顔を見せる。シーズン終盤の夏の連戦を支える自覚は十分だ。 (社会部・堀佑太)