第57回富山まつりは最終日の6日、富山市中心部で多彩な催しを繰り広げた。よさこいとやまでは、県内外の57チーム約2800人が躍動感あふれる演舞を披露。「夜高舞緋組」(南砺市)が大賞の北日本新聞社長賞に輝いた。同チームの大賞受賞は4回目。 よさこいの各チームは、富山城址公園や県民会館でステージ、城址大通りでパレードを展開。華やかな衣装で鳴子を打ち鳴らし、エネルギッシュな踊りを繰り広げた。 公園では、フラメンコやフラダンスなど多彩なステージがあり、訪れた人を楽しませた。 市や市観光協会、北日本新聞社などでつくる運営委員会主催。 ◇よさこいとやま▽準大賞=風神、湊や▽高知市長賞=舞士道▽富山商工会議所女性会長賞=真美流星乱舞群▽富山商工会議所青年部会長賞=天彩▽どんGALA!祭り賞=志賀乃風▽能登和っちゃ賞=月光◎朝陽▽優秀賞=葵、龍星一起、西金沢SUN跳芽、Rey華繚乱、暁、KOUGA彩風舞人、彪牙天翔、富山大学よさこい部TNC▽審査員特別賞=鏡華、想叶縁来 奏、よさこいCOME2くらぶ、西山舞らんかい▽審査員奨励賞=朔空、蜷川乱舞桜、祭や倶楽部、心羅▽総踊り特別賞=笑華run舞