立山連峰は夏山登山の最盛期を迎えている。剱岳(2999メートル)の上空からは6日、大勢の登山者が周囲の山々の景色を楽しむ様子が見られた。 上空のヘリからは、雲から剱岳や雄山などが突き出す、雄大な景色が見られた。下界の暑さとは対照的に、山の斜面のあちこちに雪渓が残っていた。剱岳山頂では午前7時半ごろ、登頂を果たした40人ほどの登山者が記念撮影をしたり、ほこらに参拝したりしていた。