第24回環日本海インターハイ親善交流大会に出場する中国、韓国、ロシアの選手団長らが7日、県庁を訪れ、互いに健闘し、交流を深めることを誓った。競技は8、9の両日に男子バスケットボールと女子柔道の2種目を行う。 中国遼寧省、韓国江原道、ロシア沿海地方の選手団長ら計8人が訪問。渋谷克人県教育長が「競技の応援と共に富山の魅力も実感していただきたい」とあいさつ。各国の団長らは「選手たちの継続的なスポーツ交流を通して各地域の関係を発展させたい」などと話した。 男子バスケットボールは県総合体育センター、女子柔道は新湊アイシン軽金属スポーツセンターで実施する。 大会はスポーツを通じた国際交流を目的に、1993年から毎年開催している。