J3カターレ富山の選手らは9日、滑川市役所を訪れ、19日に県総合運動公園陸上競技場で行われる市町村サンクスデー「滑川市の日(高岡市共同開催)」のFC東京U−23戦に向け意気込みを語った。 森野弘樹社長とMF木本敬介、MF梅村晴貴の両選手が訪問した。上田昌孝市長の激励に対し、「J2に進めるよう頑張りたい」と語った。選手のサイン入り色紙や、チームカラーの青色の特製細工かまぼこを贈った。 試合は午後6時半にキックオフ。市民であることや、市内の会社や学校に通っていることを証明できるものを見せれば、当日券が割引になる。物販ブースでは市の特産品が売られる。