プロ野球・ルートインBCリーグの富山GRNサンダーバーズ(西地区2位)は10日、滋賀県の守山市民運動公園で滋賀ユナイテッドBC(同最下位)と延長十回の末、2−2で引き分けた。通算成績は9勝6敗2分けで、順位は変わらない。 富山は先発右腕の川名が4四球とやや制球を乱したが、三〜五回を三者凡退に抑えるなど、六回途中までを2失点と試合をつくった。リリーフ陣が無失点と好投するも、援護がなかった。打線は0−2で迎えた七回、2死一塁からペゲロが左越えに10号2ランを放ち、同点に追い付いた。二、三、五、八回は無死の走者を生かせなかった。 次戦は11日午後1時から、県営富山球場で信濃グランセローズ(同首位)と対決する。