プロ野球・ルートインBCリーグの富山GRNサンダーバーズ(西地区首位)は13日、富山市民球場で福井ミラクルエレファンツに13−9で勝利した。通算成績は11勝6敗2分けで、後期優勝マジックを14とした。 富山は先発吉田(富山市出身)が初回に2点本塁打と満塁本塁打を浴び、6失点とつまずいた。しかし打線は7点を追う三回に4連打を含む打者一巡の猛攻で1点差に詰め寄った。その後追加点を許すも、五回には沢田の適時打と針山の犠飛で追いつき、ジョニーの3点適時打で逆転。七回にはペゲロの本塁打で突き放した。 守っては小柳、米山、竹林(氷見市出身)、マバレ、シレットの5人の継投で締めた。 次戦は18日午後6時半から高岡西部総合公園野球場で滋賀ユナイテッドBCと対戦する。