有識者でつくる国際記念物遺跡会議(イコモス)の国内委員会は8日、後世に残したい「日本の20世紀遺産20選」を発表し、県内から「立山砂防施設群」と「黒部川水系の発電施設群」が入った。 近現代の文化遺産の価値に目を向けてもらうのが狙い。日本で最初に開業した東海道新幹線や、明治以降の建築で初めて国宝になった東京都の迎賓館赤坂離宮などをピックアップしたほか、番外として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている原爆ドームの関連施設、広島平和記念資料館と平和記念公園も選んだ。 選定に携わった山名善之東京理科大教授は「保全の機運を高め、改修などの際も歴史遺産としての価値を損なわないよう配慮してほしい」と話している。 より古くからあり20世紀に発展した施設なども対象にしており、広島県東広島市の酒蔵群や佐賀県有田町の焼き物産地の景観も20選に入った。 世界的建築家・丹下健三氏が1964年の東京五輪に合わせて設計した国立代々木屋内総合競技場や、富山県の立山砂防施設群など、世界文化遺産を目指す動きがある建造物も含まれる。イコモスは世界文化遺産の審査にも関わっているが、国内委は「今回の選定はユネスコへの推薦に直接結び付くものではない」としている。 イコモスは日本を含む約30カ国の国内委に20世紀遺産の選定を呼び掛けており、結果が出そろえばウェブサイトなどで公表する。