穏やかな日曜の朝を迎えるはずだった田園の集落を惨劇が襲った。16日早朝、神戸市北区有野町で起きた住民殺傷事件。逮捕された竹島叶実容疑者(26)は、血の付いた包丁と金属バットを手に歩き、出会った人たちに襲いかかったとみられる。被害者の最初の通報から、容疑者の身柄確保までの15分間に、何があったのか。住民らは声を震わせた。

 午前4時半、新聞配達中の男性は、伝統的なかやぶき民家として知られる南部達夫さん(83)宅の窓から明かりが漏れるのを見た。物音はしなかったが、男性は「いつもより早いな」と感じたという。

 同6時19分、南部さんから「誰か来てくれ」と110番。その後、電話の応答はなかった。以降、近隣住民からも「『助けて』という声を聞いた」「バットを持った男がいる」「血の付いた男が通り過ぎた」などと通報が相次いだ。

 同23分には「路上で血まみれの女性が倒れている」と通報。南部さん宅から約40メートル南に住む辻やゑ子さん(79)が、自宅の車庫で首付近を刺されていた。隣に住む女性(53)は「その時刻ぐらいに、短い叫び声が聞こえた」と振り返る。

 さらに、その約150メートル南に住む前北操さん(65)も襲われた。近隣住民によると、前北さんはアヒルを飼っており、毎朝6時ごろに家の中から外の小屋に移すのが日課だったといい、その作業中に竹島容疑者に遭遇したとみられる。

 近くに住む男性は「ギャー」という女性の叫び声に驚いて外に出ると、片手にバット、片手に刃物を持った男がいた。追い迫る男から逃げるため、男性は同じように異変を感じて外に出てきた女性の手を引き、無我夢中で走った。

 通報を受けたパトカーが到着する。家から外をのぞいていた女性は、有間神社の手前で2、3人の警察官が男に向かって「ナイフを捨てなさい」と叫んでいるのを見た。

 同6時34分、有馬署は竹島容疑者を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕。同じ頃、南部さん宅に駆け付けた警察官が玄関先で倒れている達夫さんを発見。約50分後、1階で刺されていた妻の観雪さん(83)を見つけた。

 竹島容疑者の母、知子さん(52)は同6時25分、南部さん宅の北約200メートルの路上で座り込んでいるのが見つかった。バットで殴られ、逃げ出したとみられる知子さんは、有馬署員に「息子にやられた」と話した。