甲子園球場(兵庫県西宮市)で7日に開幕する第99回全国高校野球選手権大会で、開会式と閉会式の司会という大役に、小野高校(小野市西本町)放送部3年の福戸あやさん(18)=西脇市黒田庄町=と、同3年の前田悠里さん(17)=加東市=が挑む。県内高校放送部の名門である小野高から、同大会の司会が選ばれるのは7年連続で、2人は「素晴らしい先輩と同じ舞台に立つことができて光栄です」と喜んでいる。

 開会式と閉会式の司会者は、NHK杯全国高校放送コンテスト兵庫県大会のアナウンス部門上位入賞者から選ばれる。6月17、18日に甲南大学(神戸市東灘区)で開かれた同大会で福戸さんは優勝し、前田さんは3位に入った。

 顧問の山本美千代教諭によると、福戸さんは芯が強くて本番に強く、前田さんはしっかりと準備して本番に臨むタイプという。

 開会式の司会進行を務める福戸さんは「小学校の時からの夢がかなってうれしい。晴れ舞台の球児を心から応援する気持ちで務めたい」。閉会式は21日に予定されており、前田さんは「頂点を争った両校へのねぎらい、感謝の気持ちを込めることができたら」と話した。(笠原次郎)