神戸市北区で7月、男女5人が殺傷された事件で、兵庫県警有馬署捜査本部は7日、祖父に対する殺人容疑で逮捕した無職竹島叶実容疑者(26)を、祖母への殺人容疑と母への殺人未遂容疑で再逮捕した。

 再逮捕容疑は7月16日午前5時半〜6時半ごろ、同市北区有野町有野の自宅で、祖母の南部観雪さん(83)を金属バットで殴った上、包丁で突き刺すなどして殺害。また、同6時15〜20分ごろ、母の竹島知子さん(52)をバットや木の板で殴り殺害しようとした疑い。知子さんは頭や顔に2週間のけがを負った。同本部の調べに「そういう事実はあります」と容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、知子さんは午前5時半ごろ、竹島容疑者と自宅内で言葉を交わしたが異変はなかったという。亡くなった祖父南部達夫さん=当時(83)=と観雪さんはその後に襲われたと同本部はみている。物音に気付いた知子さんは、竹島容疑者がバットで達夫さんに殴りかかるのを止めに入った際に殴られた、との証言をしている。

 竹島容疑者は事件直後、近くの神社で包丁を持っていたとして現行犯逮捕され、同本部が翌17日、祖父の南部達夫さんへの殺人容疑で再逮捕していた。同本部は現場検証や知子さんの証言などを基に自宅内での容疑を裏付けた。

 同本部は竹島容疑者が同居の3人を殺傷した後、集落内で見掛けた女性2人を相次いで襲ったとみて調べる。竹島容疑者は5人殺傷に関与したことを認めているという。

 神戸地検は7日、南部達夫さんに対する殺人容疑について処分保留とした。