神戸市北区の5人殺傷事件で、同居する祖母への殺人容疑などで再逮捕された竹島叶実(かなみ)容疑者(26)が事件の2日前、家族で外食をしたと説明していることが8日、捜査関係者への取材で分かった。竹島容疑者の母親はこれまでの兵庫県警有馬署捜査本部の調べに「(家庭内の問題で)思い当たることはない」と話しており、同本部は親族を殺害するに至った経緯について調べる。同本部は同日午前、竹島容疑者を送検した。

 竹島容疑者は亡くなった祖父母の南部達夫さん=当時(83)=と観雪(みゆき)さん(83)、母知子さん(52)の計4人で同居。7月16日朝、自宅で祖父母を包丁で刺すなどして殺害し、金属バットで知子さんの頭を殴り殺害しようとした疑いが持たれている。

 捜査関係者らによると、竹島容疑者は事件2日前の14日夜、家族で外出した際、食事をして帰ったという。知子さんはその際の竹島容疑者について「変わった様子はなかった」などと述べているという。

 事件当日、南部さんが自宅から110番通報する約50分前に、知子さんは竹島容疑者と会話したが、異変には気付かなかったという。これまでの捜査で家族間のトラブルは確認されておらず、同本部が動機の解明を進めている。