勤務する小学校の女子更衣室にカメラを置いたとして、兵庫県警東灘署は8日、県迷惑防止条例違反の疑いで、神戸市立小教諭の男(30)=同市灘区=を逮捕した。

 逮捕容疑は7月28日午後1時ごろ、同市東灘区の小学校で、プールの女子更衣室の棚に小型ビデオカメラを設置した疑い。同署の調べに「盗撮しようとしたことに間違いない」と容疑を認めている。

 同署によると、同小はこの日、親子向けのプール開放をしており、男は運営担当として出勤していた。同日午後2時ごろ、監視員をしていた保護者が棚の上にあるカメラを見つけて同署に通報した。

 カメラは縦3センチ、横8センチ、厚さ1センチの大きさで、同署は今後、録画された画像の解析を進める。