約1千万円相当の指輪などを盗んだとして、兵庫県警生田署は14日、住居侵入と窃盗の疑いで、神戸市須磨区中落合の無職古高昌宏容疑者(56)=起訴済み=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は2015年5月、同市中央区にある女性(89)宅に忍び込み、指輪17点(約1千万円相当)と現金約40万円を盗んだ疑い。「盗んだのは間違いないが、こんなに盗んでいない」と容疑を一部否認しているという。

 同署によると、女性宅は3階にあり、1、2階は女性が役員を務める中華食材卸会社「廣記商行」(本社・神戸市灘区)の本店になっている。古高容疑者はかつてこの店の従業員だったという。

 古高容疑者は、閉店間際に客を装って店に入り、店員の隙を見て2階にある調理スペースなどに隠れる手口で、女性宅への侵入を繰り返していたという。昨年12月10日、調理スペースに隠れているところを女性に見つかり、建造物侵入の疑いで逮捕されていた。

 同社は人気中華調味料の「味覇(ウェイパァー)」を製造・販売している。