17日午後、兵庫県尼崎市の女性(69)が「医療費の還付金がもらえると言われ、現金67万円をだまし取られた」と尼崎南署に届け出た。同署は詐欺事件とみている。

 同署によると、17日午前11時ごろ、尼崎市役所健康保険課の職員を名乗る男らから女性宅に「医療費の還付金がある」「返金するので銀行の現金自動預払機(ATM)に行ってください」などと電話があった。女性は男に指示されてATMを操作し、2回に分けて約67万円を振り込んだ。

 同署管内では同日、市役所職員らをかたる不審な電話がほかに4件あった。