阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼する「神戸ルミナリエ」(7〜16日)を前に、障害者らを招待する「ハートフルデー」が5日、神戸市中央区の東遊園地であった。車いす利用者や介助者ら約1万4500人が訪れ、光のオブジェを楽しんだ。

 混雑の中では鑑賞が難しい人たちに一足早く楽しんでもらおうと、1999年から続いている。

 巨大な壁掛け作品「スパッリエーラ」などの明かりが一斉にともされると、来場者からは拍手と歓声が上がった。

 幼少の頃から右脚に持病がある女性(73)=神戸市垂水区=は震災で友人を亡くし、避難所の小学校で炊き出しに携わった。「学校の廊下でたくさんの人が寝てね。月日がたつのは早いけど、ルミナリエの光を見ると、あの時のことが思い出されます」と光を見つめていた。

 ルミナリエの点灯式は7日午後5時45分から。神戸市イベント案内・申込センターTEL078・333・3372(午前8時〜午後9時)

(鈴木雅之)