妻に暴力を振るったとして、兵庫県警東灘署は10日、暴行容疑で神戸市東灘区の会社役員の男(56)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後8時40分ごろ、自宅で妻(50)の両ほほを1発ずつ殴り、押し倒した疑い。容疑を認めているという。

 同署によると、男は夕飯の支度が遅いことに腹を立て、殴りかかったという。妻が床で頭を打って意識を失ったため、男が自ら119番した。妻はその後意識を取り戻し、退院した。