夏休みの宿題の進み具合をはっきり答えなかったことに立腹し、小学6年の長男(11)の頭をたたいたとして、兵庫県警尼崎東署は10日、暴行の疑いで父親の会社員の男(50)=兵庫県尼崎市=を逮捕した。

 逮捕容疑は8月13日午前11時ごろ、同市の自宅内で長男の側頭部を平手で複数回たたいた疑い。「教育の一環でやった」と容疑を認めているという。

 同署によると、夏休みに出された工作の課題の進み具合を男が長男に尋ねた際、あいまいな返答だったため激高したという。長男にけがはなかった。

 今月9日、男の暴力について相談を受けた同市南部保健福祉センターの職員と男の妻らが同署に申告して発覚。今後、日常的な虐待の有無などを調べる。