知人宅を突然訪ね、棒のようなもので殴ってけがを負わせたとして、兵庫県警尼崎東署は5日、傷害容疑で同県尼崎市内の解体工の男(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は10月23日夜、尼崎市内の知人の男性(40)宅で、持参した棒のようなもので肘や胸を数回殴り、打撲など約1週間の軽傷を負わせた疑い。男は調べに「棒でたたくしぐさをしたら相手に当たった」と話したという。

 尼崎東署によると、男性は「男が急に訪ねてきた」と説明しており、トラブルの経緯を調べている。